陶芸教室

 今年は中止かなと思っていた陶芸教室があるとのことで、さっそく申し込みました。応募者多数だったため、2回目に回ったせいもあったのか、教室結構寒い…。カイロをはって、塩の壺を作る(蓋つき)に挑戦したけれど、うまくついてるかな。(それにしても、りんりん、いまさらながらあんなに大きなハシビロコウがよく割れなかったものだ)

 去年と同じ先生で、りんりんがハシビロコウを作ったのも知っておられて、立派な作品作ってはりましたね。と言ってもらってました。

 ハシビロコウどこにいるのかわからなかったけれど、帰ってからりんりんに聞くと、かかが作業していた部屋の奥が倉庫になっていて、扉ひとつはさんで近くまで来ていたらしい。そりゃ残念なことをしました。

 

ぽかぽか陽気のせいで

 月曜日の祝日。畑に行くと、一気に畑の野菜が成長している。思いっきり暖かかったからだろうなあ。こんなに成長するとは思わなかったので、びっくりした。人参やカブの間引きや、ちょこちょこ作業をしていると、何?この茶色いつぶつぶっとサニーレタスについている謎のごまを見ていたら、茶色いアブラムシでした…。暖かすぎて君たちでてきたんだね。ということで、とりあえず、間引きがてら収穫し、いっぺん水洗いしたのをもう1度植え付けてみた。そして、仕方ないけど、お薬散布。これで、2週間は食べられませんが。

 キャベツが大きく育っていたのが、少しうれしかったのと、ブロッコリーが初収穫できました。あとから、脇芽がでてきるので、これも意外と収穫できるんだよね。それにしても、かかは、小松菜と相性が悪く、今までちゃんと収穫したことがありません。なんでだろう。謎。

半日の仕事

 本当なら、1日のイベントが、半日だけとなった。かかが仕事を始めたころは、土曜日も半日仕事があって、もちろん学校も土曜は、半日。帰ってきたら、関西なら必ず「ほんわかぱっぱ」と吉本新喜劇のお笑いを見ながら、お昼ごはんを食べていた。

 半日で終わると、その後、昼から友達と遊びに行ったり、用事をすませたりして便利だけど、今回久しぶりにその感覚を思い出した。おなかすいたし、ちょっとタコ焼きを食べたくなって、近くのタコ焼きを食べに行って、そこに入っているシネコンが2時から鬼滅の刃をやっていたので、一人鬼滅してきた。

 いやー。よかったです。映画で見たほうがいいねこれは、SLなんて、銀河鉄道999年代にとっては、たまらんなあ。

久しぶりの画塾

 このところ、模試や学校の課外授業で、2回ほど画塾に行けなかったりんりん。2日前くらいは、行くのいやだなーと言っていたけど、前日になると上手な人の絵をみてがんばろうと行く気になったらしい。そして帰ってきて、退化していたとぼやいていたけど、その根性なかなかやるなとかかはいつも思っている。

 すんすけもりんりんも、好きなものについては、もくもくと努力するところがあって、それはとてもえらいなあとかかは思っているんだけど、ここでちょこっとつぶやいてみたりする。

お昼の待ち合わせ

 すんすけの大学の学費の振り込み依頼が来たので、とりあえず職場に来てもらって昼休み銀行の振込手続きをして、お昼を一緒に食べる。いつも和食系のランチの店に行くのだけれど、すんすけにご飯もおかずも食べてもらってかかはちょうどいい感じ。

 本当は、行列のできるカレーに行きたいんだけどね。自炊していて、汁物が5品くらいルーティンで回しているらしく、豚汁、トマト味、コンソメ味、あと何だったかをくるくる回すので、新しいメニューに挑戦したいらしい。キムチとか納豆も食べてるから、たまに外食するとお腹をこわすと言っていた。(かかと似ている)

 JKのりんりんは、かかが食べたいものを作ると、肉が減るので、肉を食べさせろーというけど、(肉食系)兄弟でも好みが分かれるのかな。

13巻から19巻

 何のことかといいますと、とうとう集めだした●●の刃。りんりんが、全巻まだ売ってるときに、半額で買わないと勧誘されてたんだけど、そんときは場所とるからやめとくと言っていて、テレビで映画の前に放映されたのをみて、ずぼっとはまり、とうとう集めだしたものの手遅れで、気が付けば、13巻から19巻がどこにもない状態となっている。

 きっと、今、新刊じゃかじゃか印刷していて、ちょうどまだそんなに火がついていなかった巻が、売り切れになってしまったんだろうなあ。デジタル版を売っているのは知っているけど、本が好きな私だからどうしても、紙に愛着があるのよねー。

 ということで、気長に印刷されるのを待つことにする。

 

スマホを忘れただけなのに

 朝、あわててでかけるので充電中のスマホを月1くらいのペースで忘れる。忘れたら忘れたで結構平気なんだけど、その時に限って連絡入ってたりするんだよね。

 そして、今週はわりと早めに定時で帰れるので、買い物をしたら、こんな日に限って、ラインお友だち10%引きの日。レジでうぎゃっと叫んでしまった。10%引きはお得だから、割と気にしているけれどそんな時に限って忘れると悔しいなあ。

 りんりんも今日は、待ちに待った球技大会で楽しかったみたい。体育が好きでよかったね。かかは、大嫌いだったけど、「とんびが鷹を生んだ」とはこのことやなと言っていたけれど、それは才能がある場合で、ただ好きなだけではあてはまらないのではないでしょうか。まあ、きらいよりかいいけど。

 そのほか、漢字テストがあるらしく、傍目八目(なんとなくひょっとこイメージ)とはどういう意味と言われて、「そんなん、どこ目つけてんねん。あほちゃうか」という意味ちゃうのと言ったら、これまた「第3者だと冷静に判断できる」とかいう意味らしい。へー知らんかった。てっきり、悪口だと思ってたよ。

思いがけないところで

 ポスティングされるタウン誌でこの時期、りんりんの学校が紹介される記事が掲載される。今年もあるなあとみていたら、ちょうど、電気釜の写真がでていて、ふーん、やっぱり新調されたから紹介したいんやなあと思ってりんりんに電気釜がでてるでーと言って、記事をみせてあげると、「あーハシビロコウが写ってる」とさすが作者だけにすぐ発見して教えてくれた。

 もう一度よく見ると、奥のすみっこに(でかいから)後ろ向きの哀愁のあるハシビロコウがいるやん。めっちゃかわいいやん。と大盛り上がり。まさかこんなところで、出会うとは。無事焼きあがってよかったなあと思います。

ビリヤニの余韻

 日本ビリヤニ協会というのがあるらしい。そして、協会がだしているビリヤニ簡単レトルトパックというのが売られていて、つい買ってしまった。インド米とペーストがセットになっていて、鶏肉を買ってきて、炊飯器で炊くだけで気軽にビリヤニができる。とのことで、買って作ってみた。なるほど、おいしい。

 そして、注意書きに、すぐしゃもじと炊いた炊飯器を洗うようにとの指示が。

 ちゃんと洗ったんだけど、りんりんが作ってくれた炊き込みご飯を食べてみると、ごぼう炊き込みご飯のはずが、かすかにカレーの風味が後味に残っている…。そうか、しばらく、ビリヤニの余韻が残るんやとある意味カレー味のすごさを知りました。

 

死神くん

 嵐が活動休止するので、Tverなどで、昔の大野君主演のドラマが配信されている。まったく知らなかったけど、死神くんってドラマに大野君がでていて、(似合っている)1話ごとのゲストが豪華。2話は、林遣都くんがでていたり、3話は杉咲花ちゃんもでているし、悪魔くんに菅田くんでてる…。びっくりするくらい豪華。ちなみに、死神くんを見張っているカラス役、どっかでみたことあるなと思ったら、荒川アンダーザブリッジのにのさんでした…。まさかの、AUTBつながり。(わかる人にしかわかりませんけど)

 ということで、かかの知らないところで今、ブレイクしている俳優さんたちはでていたんだなあという感想。

 もちろん、今、鬼滅の刃も目下、予習中で結局、ドラマみているしね。

«天才か反逆者か

Dezember 2020
So. Mo. Di. Mi. Do. Fr. Sa.
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ